「海外旅行のお金がない」問題を現実的に解決する方法はこれしかない!

海外旅行に行きたいけど、お金がない。。

こんな悩みを持つのは学生だけではありません。

僕は社会人になってからも「お金がない問題」にたびたび悩まされてきました。

しかし、これから書く内容を実践することで、海外旅行にかかる費用を大幅に削減できたり、またとないチャンスをしっかりつかむことができました。

大人になってから15回以上海外に行けたのも、これらの方法を知っていたからです。

お金がないせいで一生の思い出をあきらめることがないように、僕が実践したテクニックを書き残しておこうと思います。

ちなみに、お金を得るための怪しい方法は書いていないので安心してください。(笑)

お金がないならシーズンをはずして旅行に行く

海外旅行に行くお金がないなら、時間(時期のちがい)を活用する方法です。

言うまでもなく旅行代金が高くなるのは、年末年始・お盆を含む夏シーズンなどの連休です。

また、場所によっては日本のゴールデンウィークといった大型連休の習慣を知っているのか、その時期だけ宿泊費が高くなる場合もあります。

そして、これは日本でも当てはまりますが、旅行する国がベストシーズンである場合は、ホテル代などが通常レートの2倍くらいになることもあります。

例として、ハワイはオンシーズンになると、飛行機の航空券代だけでも往復で10万円を超えることも珍しくありません。

お金がないという状況でこれはキツいですね。。

しかし、例えばゴールデンウィーク明けに出発した場合、飛行機のチケットでなんと2万円を切ることもあります。

下手すると、日本の国内線より安い料金ですよね。

ハワイ行きの格安航空券

このように、シーズンとなる時期をはずして行くのは、旅行代金を安く抑えるテクニックの1つです。

格安航空券とホテルを個別に取る

特に旅行慣れしていない場合は、旅行代理店で飛行機からホテル、移動、観光まですべてセットで手配することもありますが、格安航空券とホテルを別々に自分で予約することで、海外旅行にかかる費用を少なくさせることもできます。

飛行機代はそこまで差はないとしても、パック旅行は提携しているホテルの中から最適な組み合わせをするため、宿泊費を抑えるには限界があります。

また、安すぎるホテルにあたると、部屋が極端に汚い、治安面ですこし問題があるなどのデメリットも無視できません。

自分で泊まる場所を予約すれば、あらかじめ写真やレビューを見て判断することもできるので、安心してコスパの良いホテルを予約できるといったメリットもあります。

ただ、この方法は現地での移動も含め、すべて自分で手配する必要があるため、ある程度の旅行経験がないと不安になるかもしれません。

旅行期間やタイミングによってはパックツアーの方が安い場合もある

飛行機とホテルを自分で取ることが、必ずしも安くなるとは限りません。

例えば、「台湾や韓国に美味しいグルメを求めて2泊3日でサクッと旅行に行こう!」という場合など、定番の(人気の高い)旅行コースであれば、飛行機とホテルを個別に予約する個人旅行よりもパックツアーの方が安くなることもあります。

短期集中でお金を稼ぐ

当たり前のことですが、海外旅行に行くお金がないなら、以下のどちらかをクリアしなければいけません。

  1. 旅行にかかる費用をできるだけ安くおさえる
  2. お金を稼ぐ(手に入れる)or 後払いにする

ここまでは「旅行に必要なコストを下げるテクニック」をご紹介しましたが、この先は短期間でお金を得る方法をご紹介します。

まずは王道の方法、「短期バイトをする」ですね。

海外旅行のお金がない場合におすすめのアルバイト

海外旅行に行くには以下の3つのアルバイトがスムーズなのでおすすめです。

  • 期間工バイト
  • 住み込みバイト
  • 派遣

現在無職である場合は比較的動きやすいと思いますし、今仕事をしてる場合でも週末だけ働くといった

期間を決めて働くことができるので、後腐れもなくてお金を稼ぐことだけに集中できます。

また、こういったアルバイトは、旅行好きが集まる仕事でもありますので、自分の知らない旅情報を交換できる友達を作るチャンスでもあります。

長く安定して働けるタイプの仕事ではありませんが、目的のために集中して短期間で稼ぐためには

 

お金がないならクレジットカードをフル活用する

「友達の結婚式が海外で挙式する」といった場合など、旅行シーズンを選ぶこともできず、なおかつ手持ちが厳しいという場合は、クレジットカードをフル活用するのも1つの方法です。

海外旅行でクレジットカードを利用すれば、現時点でお金がない場合でも支払いを先延ばしにできるメリットがあります。

また、海外ATMから現地のお金を引き出すこともできます。

ただし、あくまで「給料日には返済できる」など、返済計画はしっかり立てておきましょう。

海外旅行保険が無料になるカードもある

 

現金が必要ならカードローンを利用する

 

ローンですので、利用した場合には利息を支払う必要がでてきます。

例えば15万円を借りた場合、利息を含めた総返済額は169,662円となります。(2018.7.15時点)

返済回数は25回に分けられるため、おおよそ2年でお金を返していくことになります。

「15万円借りて、2万円も利息を取られるなんてバカげてる!」

冷静に考えるとそうですよね。。

しかし、このタイミングを逃せば、次に海外旅行に行けるのはいつになるでしょうか?

来年?再来年?

お金は何とでもなるものですが、時間だけは絶対に取り戻すことはできません。

先ほども書いたように、「海外旅行に行きたいと思っている」だけでは時間ばかりが過ぎていき、気がつけば「じっくり旅行できるなんて無理!」という年齢に達します。

若いうちは気付かないことですが、時間はとても残酷です。

お金がないなら一度冷静になって考えよう!

言うまでもなく、海外旅行にはまとまったお金が必要になります。

飛行機のチケット代にホテル宿泊代はもちろん、現地での飲食代や交通費、観光スポットの入場料やチップなどを含めていくと限りがありません。

 

しかし、諦めるのはまだ早いです。

 

やはり海外旅行はそう簡単に行けるものではありません。

費用面もそうですが、何よりも時間の問題の方が大きいです。

何となく「海外に行きたい」と思っていても、気づけば3年くらい経っていた。。

なんてことはザラにあります。

体力、そして感受性が豊かなうちに行く方が収穫できるものも大きくなるため、やはり少しでも若いうちにたくさん経験しておいた方が良いと思います。

僕の周囲でも「20代のうちに無理してでも海外に行っておけば良かった…」と後悔している人がたくさんいます。

「いつかやりたいと思っている」と言っている人で、実際にやった人を見たことがありません。

行動に移す人は今できることをすぐにやりますし、動かない人は10年経ってもまだ同じことを言い続けています。

「時間ができたら」「お金に余裕ができたら」…etc.

しかし現実は「仕事が忙しくて休めない」「家庭を持って海外どころか国内旅行も行けない」

そんな話はザラにあります。

今しか作れない思い出を諦めるのは

 

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'