【海外旅行に強いクレカ】エポスカードで海外旅行保険を無料ゲット!

エポスカード

海外旅行に行くなら、持っているだけで自動的に海外旅行保険が付く『エポスカード』は必需品です。

保険の補償内容もクレジットカードの中ではトップクラス。

また、海外でのショッピングや国際キャッシングにも対応しているうえ、年会費も無料です。

特に国際キャッシングについては、初回利用から30日以内は金利が無料となるため、両替よりもはるかに高レートで旅行を楽しむことができます。

この記事では、海外旅行の強い味方となるエポスカードについて詳しく解説しています。

発行手数料無料
入会金・年会費無料
ブランドVisa
海外旅行保険自動付帯
特典・特徴年会費無料&事前手続きなしで手厚い海外旅行保険が自動付帯
・海外国際キャッシングの金利が初回利用から30日間無料
・カード発行&各種登録&利用で商品券5,000円分ゲット

標準で海外旅行傷害保険がつく

エポスカードは、出発前の面倒な手続き等は一切不要で、旅行時のケガや病気、持ち物の盗難・損害に対しても手厚い補償が付きます。

他のクレジットカードにも海外旅行保険が付いてくるものもありますが、保険の適用に際して細かな条件(利用付帯)があったり、そもそも補償金額が低いことがほとんどです。

しかし、エポスカードは旅行にカードを持って行くだけで自動的に保険が適用される(自動付帯)ため、現地で利用しなくとも財布に入れて行きたいクレカです。

自動付帯と利用付帯の違い

自動付帯とは

カードを持って行くだけで自動的に海外旅行保険に加入できる

  • 保険加入に際して、事前の手続きや届け出が必要ない。
  • 補償内容に問題がなければ、実質的に海外旅行保険に別途加入する必要がなくなる。

利用付帯とは

旅行代金や空港までかかる交通費などをカードで支払うと、海外旅行保険が適用される

「自動付帯」と違い、下記のような所定の条件を満たしていなければ、保険が適用されない。

  • 航空券の予約やパックツアー料金をカードで支払う
  • 出発日に空港へ向かう交通費をカードで支払う(電車・バス・タクシー・飛行機等)
カードによって条件が異なるため、海外旅行保険の加入は「自動付帯」に対応したカードを持つことがおすすめ。

保険の補償内容

エポスカードの保険の補償内容は下記の通りです。
いずれの項目も他のクレカと比較して高い金額となっていますが、特に傷害と疾病(ケガと病気)の補償内容はかなり高い部類に入ります。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

保険の種類と補償内容について
保険の種類補償内容
傷害死亡・後遺障害補償事故による死亡や後遺障害について補償
傷害治療補償旅行中のケガの治療代を補償
疾病治療補償旅行中の病気の治療代を補償
救援者費用補償旅行中にトラブルが起こってしまい、家族が救援に向かう場合の旅費や捜索費を補償
賠償責任補償ホテルの備品を壊した、相手にケガを負わせたり万一死亡させた場合の賠償責任額を補償
携行品損害補償カメラなど携行品の盗難や破損を補償

ちなみに、傷害・疾病が200万円を超えるものは、年会費がかかるゴールドカード並みの補償内容ですので、いかに保険が充実しているかが分かりますね。

持ち物の盗難・破損(携行品損害)は、1個・1組・1対あたり10万円が限度です。
例えば、20万円のカメラを盗まれた場合の補償金額の上限は10万円となります。

ただ、一般的なクレカは、この携行品損害の上限が10万円であることが大半ですので、こちらも良好な保険内容であるといえます。

保険の対象者

上記の保険が適用される対象者は、エポスカードを持つ本人のみとなります。
家族・友人など、カードを持っていない人は対象外となるので注意してください。

また、エポスカードはいくつか種類がありますが、『Visa』のマークが付いているタイプのみが保険の対象となります。

エポスカード

保険の補償期間

エポスカードの保険が有効となる期間は、1回の旅行につき最長90日間となります。

休暇で行く海外旅行なら十分な期間ですね。

ただし、カード発行日の翌日以降から保険が有効となるため、あまりギリギリの申し込みは避けるようにしましょう。

あくまでカード自体を旅行に持って行くことが前提となります。

トラブルの際は日本語で24時間電話サポート

海外旅行保険はお世話にならないことがベストですが、万一のトラブルに巻き込まれてしまった場合、日本語で24時間電話サポートを受けることができます。

ケガや病気になってしまい現地の病院に行っても、日本語を話すことができる病院スタッフがいることはほぼありません。

そんな時でも、日本語が通じる電話でサポートしてもらえるのは、旅の心強い味方です。

ケガや病気の場合・医師、医療施設の紹介、案内

・医療費キャッシュレスサービス

・患者の医療施設への移送

・患者の本国への送還

ケガや病気により
死亡した場合
・遺体の本国への移送

・現地での埋葬

その他・救援者の渡航、宿泊手配

・遭難時の捜索、救助など

保険の補償範囲内であれば、仮にこれらのサポートを受けた場合でも自己負担は無いので安心ですね。

海外旅行とは「言葉や文化が違う国へ行くこと」ですので、自衛する手段はきちんと確保しておきましょう。

入会金・年会費が無料

エポスカードは入会金・年会費ともに無料で作ることができます。

クレジットカードは「年会費無料」を掲げていても、2年目から有料になるものもあります。

完全に無料で使えるうえ、手厚い保険が付くクレカはそうそうありません。

旅行以外に使うことが無かったとしても、管理のコストがかからないというのは大きなメリットと言えます。

極端な使い方としては、海外旅行の時のみ財布に入れて行くだけの利用でも十分に価値があります。

脅威的な特典!キャッシング金利が無料になる

海外旅行保険に加え、エポスカードのもう1つの大きな魅力は、初回のキャッシング利用から30日以内は金利が無料になるという点です。

エポスカード30日金利無料の返済イメージ

海外でキャッシング利用をしたことの無い方にとっては、少しピンとこないかもしれませんが、この特典は言い換えると、30日以内の旅行であれば現地のお金を、最も条件の良いレートで入手できるということです。

「外国のお金は両替」との固定観念は古い考えであり、実際のところ両替は手数料分をかなり損していることがほとんどです。

海外旅行を安全でお得に過ごすには、クレジットカードは欠かせないアイテムです。

海外キャッシングを含め、旅行でクレジットカードを使うべきメリットについては下記の記事にまとめています。

即日発行できる海外旅行クレカ

海外旅行は、早い段階から準備を進めるに越したことはありませんが、なかなか思うように時間が取れないという場合もあります。

そんな慌ただしい状態でも、即日発行が可能なクレジットカードがエポスカードです。

ただし、即日発行は所定のカードセンターに取りに行く必要があります。

発送の場合は、最低でも1周間程度の時間がかかるので、やはり申し込みは余裕を持って対応した方がベターですね。

デパートや専門店で使えるポイント特典

海外旅行に必要な利点ばかりが集まったエポスカードですが、まだ特典がつきます。

それは、カード発行をした際に、ショッピングで使えるポイントが付与されるというものです。

現在のキャンペーンでは、商品券に交換できるポイントが 5,000 円分付与されるので、海外旅行に必要な持ち物・グッズの購入に当てることができます。

ポイントは商品券との交換が狙い目

ポイントの交換先はいくつかありますが、狙い目は『VJAギフトカード』です。

正式名称は『三井住友カードVJAギフトカード』と言いますが、全国50万店以上のデパートやショッピングセンターで使える有効期限がない商品券です。

他にもクオカードや、iTunesギフトコード、スターバックスカードにもポイント分を交換利用できます。

マイルにも交換可能

飛行機のマイルを集めている方は、特典ポイントをマイルに交換することもできます。

JALのマイル、ANAのマイルそれぞれ、1,000ポイント→500マイル換算となりますが、マイルは特典航空券の発券に利用すると、おおよそ下記のレートで利用できるので、国際線利用はかなり得になりますね。

特典航空券との交換(国内線)1.5円~5円程度
特典航空券との交換(国際線)3円~10円以上

デメリットはポイント還元率が低いこと

エポスカードのデメリットは、カード利用分に対するポイント還元率が低いことです。

一般的なクレジットカードは、ショッピングなどの利用の際にポイントが付与されますが、ほとんどのクレカの還元率は0.5%程度です。

エポスカードもポイント還元率は0.5%ですので、メインのカードとして使うにはさほどのメリットがありません。

しかし、年会費無料&手厚い海外旅行保険が付くため、必要な時だけ使うといった利用法がベストとなりますね。

日本での利用も割引優待が手厚い

エポスカードはデフォルトの還元率は特別良くありませんが、マルイデパート(○|○|)が発行しているクレジットカードですので、系列・提携店舗での利用は特にメリットが大きくなります。

普段から無理に利用する必要はありませんが、代表的な使い方の一例として下記のような割引優待を受けることができます。

ロイヤルホストなどの飲食店5〜10%オフ
イオンシネマなどの映画館500円オフ
レンタカー5〜15%オフ

「マルコとマルオの7日間」で買い物が10%オフ

エポスカードの国内利用のメリットが最大化するのは、マルイの店舗が年に4回開催するキャンペーン「マルコとマルオの7日間」の期間です。

この間は、全国のマルイ店舗での買い物が10%オフとなります。

年に4回のイベントとなるため機会はそう多くありませんが、旅行のタイミングとうまく重なると、ポイント特典とダブルでお得ですね。

まとめ

完全に無料で使えるうえに、これだけの手厚いサービスを受けることができるエポスカードは、間違いなく海外旅行におすすめのクレジットカードです。

「旅行を安全でお得に過ごすための秘訣はクレジットカードで決まる」と言っても過言ではありません。

当サイトでは、海外旅行と親和性の高いクレジットカードをいくつか紹介していますが、これだけの特典が年会費無料で利用できるエポスカードをイチオシのクレカとしています。

 

他のクレジットカードとの比較が気になる方は、下記のページもあわせてどうぞ!

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

エポスカード

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'