どれがベスト?海外旅行におすすめのクレジットカードを比較しよう

クレジットカード

海外旅行を問わず、クレジットカードは数え切れないほどの種類がありますが、それぞれ得意とする利用シーンが異なります。

国内利用でポイントが貯まりやすいものや、学生向けのカードなどさまざまです。

そして、その中でも海外旅行との相性がとても良いクレジットカードというものがあります。

しかし、ひと口に『海外旅行におすすめのカード』と言っても、カバーできる部分が微妙に違うため、目的に応じて最適なカードを比較してベストなものを選びましょう!

海外旅行にベストなクレジットカードをすぐに見る↓

クレジットカードそれぞれの強みを比較しよう

日本で発行されているクレジットカードの種類は、少なく見ても4,000種類以上もあります。

この中から、海外旅行にベストな1枚に絞り込むことは簡単ではありませんし、どのシーンにフォーカスを当てるかで、最も優れたカードは変わってきます。

まずは、いきなり海外旅行にベストなカードを探すのではなく、どういったシーンでそのパワーを最大化できるクレジットカードがあるのかを比較しましょう。

スペックや特典などを比較して選ぶことがポイントです。

複数のカードを組み合わせて使い分けるのが賢いやり方

具体的な利用シーンを考えると、海外旅行の行き〜帰りまでで使い分けるカードは下記の4種類に分類できます。

  1. 航空券予約&ホテル予約(ツアー予約)・持ち物の準備など、国内での利用支払い用のカード
  2. 現地での支払い・キャッシング用のカード
  3. 海外旅行保険が自動で付く(自動付帯)カード
  4. 万が一のトラブルのための予備カード

「4枚も持って行くの?」とお考えの方もいるかもしれませんが、1〜3は兼用しても問題ありません。

しかし、万が一を考えると、最低でも予備のカードは1枚別で持っておくべきです。

また、現地でのお金のやり取りを「両替」で考えている方は、旅先でクレジットカードを使いこなす術を身に付けると、「旅行はもっとお得でスムーズになる」と気付くはずです。

ちなみに、2017年3月の調査によると、日本人1人あたりの平均カード保有枚数は、2.6枚だったそうです。

平成 29 年 3 月末のクレジットカード発行枚数(調査回答社数 260 社)は、2 億 7,201 万枚で、前年比 2.3%の増加となった。成人人口※比では、1 人当たり 2.6 枚保有していることとなる。

クレジットカード発行枚数調査結果の公表について|一般社団法人日本クレジット協会

リスク分散や限度額に達してしまった場合のことを考えると、特に海外旅行の場合は複数のカードを持っていくことが大切です。

ただ、せっかくカードを作るなら、中途半端に得するよりもそのメリットを余すことなく利用したいですよね。

海外旅行でお得なクレジットカードの比較

さて、ここからが本題です。

先ほども触れたとおり、クレジットカードにはそれぞれの強みが異なるため、目的によって使うカードを分けることが賢いやり方です。

海外旅行のそれぞれのシーンで便利なカードを紹介しますので、それぞれの特性を比較して上手に活用しましょう。

エポスカード

エポスカード

エポスカードの最大の魅力は、何と言っても海外旅行保険が自動的に付いてくる点です。

90日以内の旅行であれば保険料金が無料で、面倒な事前の手続き・申し込み等は一切不要です。

発行手数料無料
入会金・年会費無料
ブランドVisa
海外旅行保険自動付帯
特典・特徴年会費無料&事前手続きなしで手厚い海外旅行保険が自動付帯
・海外国際キャッシングの金利が初回利用から30日間無料
・カード発行&各種登録&利用で商品券5,000円分ゲット

海外旅行保険が付いてくるカードは他にもありますが、補償内容が「おまけ程度」の内容であることがほとんどですが、エポスカードの補償はかなり高い部類に入ります。

さらに、カード発行の際にポイントが付与され、デパート・ショッピングモール・専門店等で使えるギフトカードや、飛行機のマイル等にも交換できるのでダブルでお得です。

さらに、海外キャッシングを利用する場合、最初の30日間は金利がかからないという驚愕の特典付きです。

エポスカードの詳しい解説記事はこちら↓

【海外旅行に強いクレカ】エポスカードで海外旅行保険を無料ゲット!

楽天カード

楽天カード

楽天カードは海外旅行に特化しているわけではありませんが、提携店の多さや楽天市場でのポイント高還元率を考えると、数あるクレジットカードの中でもバランスが高い部類に入る1枚といえます。

また、カード発行&買い物で楽天ポイントが 5,000 円分付与されるので、必要な旅行グッズの買い回りにとてもお得です。

発行手数料無料
入会金・年会費無料
ブランドVisa・Mastercard・JCB
海外旅行保険利用付帯
特典・特徴カード発行&利用で楽天ポイント5,000円分ゲット

ただ、海外旅行保険は「利用付帯」であるため、この部分はあまり使い勝手が良いとは言えません。

旅行保険を重視するのであれば、やはりエポスカードを選ぶべきでしょう。

自動付帯と利用付帯の違い

自動付帯とは

カードを持って行くだけで自動的に海外旅行保険に加入できる

  • 保険加入に際して、事前の手続きや届け出が必要ない。
  • 補償内容に問題がなければ、実質的に海外旅行保険に別途加入する必要がなくなる。

利用付帯とは

旅行代金や空港までかかる交通費などをカードで支払うと、海外旅行保険が適用される

「自動付帯」と違い、下記のような所定の条件を満たしていなければ、保険が適用されない。

  • 航空券の予約やパックツアー料金をカードで支払う
  • 出発日に空港へ向かう交通費をカードで支払う(電車・バス・タクシー・飛行機等)
カードによって条件が異なるため、海外旅行保険の加入は「自動付帯」に対応したカードを持つことがおすすめ。

なお、楽天カードは『楽天トラベル』でも利用できるので、国内旅行の際にも活躍してくれます。

普段から便利に使えるカードですので、旅行の有無に関わらず、持っていて絶対に損はない1枚です。

楽天カードの詳しい解説記事はこちら↓

海外旅行の準備と現地での支払いに楽天カード!海外旅行保険はイマイチ

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、海外旅行保険サービスがないため、特別に海外旅行に向いているカードではありません。

しかし、カード発行&買い物でTポイントが 8,000 円分も付くため、楽天カードと同様に、旅行の持ち物の購入をかなりお得に済ませることができます。

もちろん、海外の渡航先での支払いやキャッシング利用も可能です。

発行手数料無料
入会金・年会費無料
ブランドVisa・Mastercard・JCB
海外旅行保険なし
特典・特徴カード発行&利用でTポイント8,000円分ゲット

Yahoo! ショッピングは、楽天市場に劣らずかなりの数のショップが軒を連ねているので、海外旅行に必要なグッズは一通り手に入ります。

また、Yahoo! JAPANカードは、還元率1%でTポイントを貯めることができるうえ、TUTAYA、ファミマ、吉野家などのTポイント提携先ではTポイントの二重取りが可能です。

すでに別のTポイントカードを持っている場合でも、1枚にポイントを統合することもできます。

楽天カードの詳しい解説記事はこちら↓

海外旅行グッズを無料で購入!Yahoo! JAPANカードのTポイントを賢く活用

まとめ

以上、海外旅行と親和性の高いクレジットカードをご紹介しましたが、それぞれ得意とする場面が違ったと思います。

便利に使い分けてお得に旅行を楽しみましょう!

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'