海外プリペイドカード

海外旅行のお金にまつわる問題を解決する方法の1つとして、近年新たに登場したものに『海外プリペイドカード』というものがあります。

海外プリペイドカードの使い方は、出発前に日本でお金をチャージしておき、現地のATMから現地通貨を引き出すというものです。

口座を新たに開設する必要もなく、入会金や年会費といった余計なコストもなく使えるので便利。

あらかじめチャージしておいた金額の範囲から引き出すといった安心の利用スタイルなので、子供の留学や修学旅行などにも利用される機会が増えています。

ただし、現地通貨を引き出し時点の為替レートで手にすることができますが、4%程度の手数料がかかります。

ほとんどの国のお金を両替すると、4%以上の手数料がかかっているので実質はお得になりますが、一部例外もあることを覚えておきましょう。

特に、ドルやユーロなどのメジャーな通貨は、両替の際にかかる為替手数料がおおよそ2〜3%となるため、これらの通貨で利用する際は少し損する場合もあります。

よほどの長期旅行でなければ、海外キャッシングがもっともお得な方法となりますので、旅行のプランに応じて検討してみましょう。

マネパカード

NEO MONEY(ネオ・マネー)

キャッシュパスポート

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'