海外プリペイドカード|NEO MONEY(ネオマネー)のメリットとデメリット

NEO MONEY(ネオ・マネー)

「海外旅行で多額の現金を持ち歩くのは不安」という方におすすめの解決策は、海外プリペイドカードの『NEO MONEY(ネオマネー)』を使う方法です。

事前チャージしておいた金額の中から、クレジットカードのようにお店で決済したり、両替不要で海外のATMから現地通貨を引き出すことができるようになります。

ネオマネーとは?

NEO MONEY(ネオマネー)とは、セゾンカードで有名なクレディセゾンが発行している、海外で利用できるトラベルプリペイドカードです。

ネオマネーカード

クレジットカードは後払い方式ですが、プリペイドカードは旅行で使うお金を日本であらかじめ入金チャージしておき、入金した分だけを海外で利用するという使い方です。

クレカのような職業や年収などをチェックする審査がなく、満13歳以上なら誰でも申し込みすることができます。

ネオマネーはこんな人に便利でお得

  • 海外旅行でまとまった現金を持ち歩くのが不安
  • 海外でクレジットカードを使うことに抵抗がある
  • 両替のわずらわしさから解放されたい・得したい
  • 複数の国を周遊旅行する

ネオマネーのここがデメリット

  • 海外ATM・海外ショッピング利用に4%の手数料がかかる
  • 余った分を返金するために500円の手数料がかかる
  • 申し込み時にマイナンバーに関する書類が必要

両替のように多額の現金を持ち歩く必要がないことがメリットのネオマネーですが、利用の際に4%の手数料がかかります。

両替手数料は4%以上かかる通貨がほとんどですので、こちらを差し引きしても十分メリットはありますが、ドルとユーロの場合は少し条件が悪くなります。

ネオマネーの外貨両替との比較

お得度を求めるのであれば、やはりクレジットカードに勝るものはありません。

返金にかかる手数料と、申し込み時のマイナンバー書類の提示については、どの海外プリペイドカードでも必要になるので特筆すべきデメリットではありませんが、念のため記載しています。

手数料

年会費・入会金無料
カード発行手数料
チャージ手数料
口座管理手数料
海外サービス手数料4%
海外ATM手数料200円
払戻し手数料500円(税抜)
カード再発行手数料無料

カード発行や年会費、維持費などの一切が無料ですので使いやすいですね。

手数料4%がどうしてもデメリットになりますが、『キャッシュパスポート』というトラベル海外プリペイドカードなら、以下の通貨には手数料がかかりません

該当する外貨を利用する場合はキャッシュパスポートの方がおすすめです。

  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • ニュージーランドドル
  • カナダドル
  • シンガポールドル
  • 香港ドル

チャージできる金額の上限

ネオマネーにチャージできる金額の上限は、100万円までです。

振込の場合は1日100万円までチャージできますが、国内のATMからチャージする場合は、1回あたり10万円までとなります。

旅行の予算を10万円以上で考えている場合は、銀行 or ネット振込を利用してチャージしましょう。

利用可能額の上限100万円
1回あたりの上限
(ATMチャージの場合)
10万円
1日あたりの上限100万円
年間の上限1,500万円

海外ATMで引き出せる金額の上限

旅行先の海外ATMで引き出すできる金額の上限は下記となります。

1回あたりの上限15万円
1日あたりの上限100万円
年間の上限1,500万円

多額の現金を持ち歩かなくて良いのが海外プリペイドカードのメリットですので、十分な金額ですね。

ショッピングで利用できる金額の上限

ショッピング利用の場合は、上限の100万円まで利用できるので特に気にする必要は無いかと思います。

1回あたりの上限100万円
1日あたりの上限100万円
年間の上限1,500万円

ネオマネーにチャージ入金する方法

ネオマネーはプリペイドカードですので、事前に利用予定のお金をチャージ入金しておく必要があります。

チャージ方法は以下の3つから選ぶことができます。

  1. インターネットバンキングからチャージ
  2. 銀行振込からチャージ
  3. ATMからチャージ

インターネットバンキングからチャージ

同一銀行間なら振込手数料が無料になる場合もあるので、手軽で一番お得な方法ですね。

海外からネットバンキングによるチャージ入金も可能です。

  • ジャパンネット銀行
  • スルガ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行

ネットバンキングから入金チャージの具体的な方法は、下記の記事をご参照ください。

銀行振込からチャージ

銀行振込からチャージする場合は以下の銀行が振込先となります。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行

また、一部の地方銀行・信用金庫にも対応しています。

該当の口座を持っている場合は、振込手数料が安く済むのでお得ですね。

  • アルプス中央信用金庫
  • 伊予銀行
  • 大垣西濃信用金庫
  • 岡崎信用金庫
  • 金沢信用金庫
  • 北伊勢上野信用金庫
  • 北九州銀行
  • 京都中央信用金庫
  • 三条信用金庫
  • 滋賀中央信用金庫
  • 四国銀行
  • 静岡銀行
  • 十六銀行
  • 西武信用金庫
  • 瀬戸信用金庫
  • 第四銀行
  • 高山信用金庫
  • 但馬信用金庫
  • トマト銀行
  • 長野銀行
  • 名古屋銀行
  • 尾西信用金庫
  • 百五銀行
  • 福井銀行
  • 北洋銀行
  • 北陸銀行
  • 三重銀行
  • 武蔵野銀行
  • もみじ銀行
  • 山形銀行
  • 山口銀行
  • 横浜銀行

家族が振り込むことも可能

留学やワーホリなど、本人が日本から入金できない場合は、家族が代理で振込チャージすることも可能です。

ただし、こちらのような本人以外が入金チャージする場合は、委任状が別途必要となります。

委任状の受理には1週間程度の時間がかかりますので、余裕をもって対応しましょう。

ATMからチャージ

出発まで時間がないなど急ぎの時でも、下記のマークが付いたATMからチャージ入金することも可能です。

ATMセブン銀行ATMセゾンATM
対象カードブランドVISA・銀聯VISA

ただし、1回あたりのチャージ上限額は10万円までとなります。

24時間365日無料サポートが受けられる

万が一、旅行先でカードの盗難・紛失があった場合は、24時間・年中無休でカードを利用停止することができます。

海外からの連絡先:81-3-5996-9123

時差のある海外でも時間を気にせず連絡できるので安心ですね。

余ったチャージ分の返金・払い戻し

事前にチャージして余った分を返金・払い戻ししてもらうことも可能です。

その際には払い戻し手数料として500円(税抜)が必要になります。

なるべく全部使い切ることが理想ですが、無駄遣いしてしまっては本末転倒ですので安心ですね。

なお、申し込みの際に国内でも利用できるタイプのカードを選べば、帰国してからレストランやショッピングの支払いにも利用できるので、無駄なく消化することも可能です。

NEO MONEY(ネオマネー)カードの種類

ネオマネーのカードは全部で4種類ありますが、大きく分けて「海外・国内使用タイプ」と「海外専用タイプ」に分かれます。

NEO MONEY VisaNEO MONEY Visa
サッカー日本代表デザイン
NEO MONEY Visa
(海外専用)
NEO MONEY 銀聯
NEO MONEY VisaNEO MONEY Visa サッカー日本代表デザインNEO MONEY Visa (海外専用)NEO MONEY 銀聯
入会金・年会費無料無料無料無料
利用シーン海外&国内海外専用
ブランドVISA銀聯

海外・国内使用タイプ

ネオマネーの海外・国内使用タイプは、海外だけでなく日本国内の『VISA・銀聯(ぎんれん)』加盟店で利用できます。

メリットとしては先ほど触れたとおり、余った分も帰国してから消化できるという点ですね。

海外専用タイプ

海外専用タイプは名前の通り、国内では利用できないタイプです。

あまりメリットが無いように感じますが、銀聯ブランドのカードを選ぶと、ほんの少しレートが安くなります。

ただ、余った分を国内で消化することができないので、その点も踏まえて選ぶようにしましょう。

申し込み

NEO MONEY(ネオマネー)は年齢が13歳以上なら誰でも審査なしで申し込みができます。

ネオマネー|カードと書類

申し込み時の審査はなし

クレジットカードやデビットカードの場合は、所得や返済能力などの審査が必要になりますが、プリペイドカードは申し込みからすぐにカード発行が可能です。

申し込みに必要なもの

ネオマネーの申し込みには、下記のうちいずれか1点の書類を提出する必要があります。

免許証かパスポートのどちらかがあれば早いですね。

  • 運転免許証(または運転経歴証明書)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 障害者手帳
  • 個人番号カード

また、上記に加え、下記のマイナンバー確認のための書類が1つ必要になります。

マイナンバー確認書類は必要

ネオマネーの申し込みにはマイナンバーに関する下記の書類が必要になります。

マイナンバー提出書類

海外で利用することを目的とした海外プリペイドカードは、マネーロンダリング等の不正を防ぐ意味でも「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」という難しい名前の法律によって、マイナンバーに関する書類の提出が定められています。

上記のいずれか1点を用意すれば良いですが、不明な場合は最寄りの区役所に電話で問い合わせてみましょう。

発行までの時間はどれくらいかかる?

ネオマネーの申し込みからカード発行までは、手続き完了から3営業日となっています。

申し込みから3日ではなく3営業日で発送ですので、手元に届くには1週間程度の時間を見ておきましょう。

書類の不備等があればさらに時間がかかってしまうので、余裕を持って申し込みましょう。

まとめ

ネオマネーは、多額の現金を持ち歩く不安から解放され、ショッピングやレストランでの会計時でも、クレジットカードのように簡単に支払いを済ませることがメリットです。

また、チップなどの現金が必要になった場合でも、ATMから簡単に引き出しができるので安心です。

安全でスマートに海外旅行のお金を管理しましょう。

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'