海外プリペイド|ネオマネーのカードの種類と違いと「銀聯」について

NEO MONEY(ネオ・マネー)

両替不要&お得な為替レートで、海外の現地通貨を引き出すことができるNEO MONEY(ネオマネー)ですが、申し込みにあたってカードの種類を選択する必要があります。

ネオマネーのカードは以下の4種類から選ぶことができます。

NEO MONEY(ネオマネー)カードの種類

NEO MONEY VisaNEO MONEY Visa
サッカー日本代表デザイン
NEO MONEY Visa
(海外専用)
NEO MONEY 銀聯
NEO MONEY VisaNEO MONEY Visa サッカー日本代表デザインNEO MONEY Visa (海外専用)NEO MONEY 銀聯
入会金・年会費無料無料無料無料
利用シーン海外&国内海外専用
海外で現地通貨の引き出し
海外Visa加盟店でのショッピング海外銀聯加盟店でのショッピング
国内Visa加盟店でのショッピング国内利用不可
ブランドVISA銀聯

見るべきポイントとしては、「国内でも使える」か、「海外専用」かといった点になります。

なお、NEO MONEY(ネオマネー)は、カードにチャージして余った分は銀行口座へ払い戻しが可能ですが、手数料が500円(税抜き)かかってしまいます。

手数料と払い戻しの手間を考えると、国内でも使えるタイプにしておけば、帰国してからVisa加盟店のレストランやスーパーで余った分を使い切ることができるので便利ですね。

日本のほとんどのお店はVisaに対応しているので、使い道に困るということはそうそう無いと思います。

ところで『銀聯』って何?

はじめての場合は読み方すら分からないと思いますが、『銀聯』=『ぎんれん』と読みます。

銀聯カードとは、『中国銀聯』という会社が発行しているもので、通常はデビットカードが基本となります。

発行カード数は世界一と言われており、中国人観光客による「爆買い」にもこの銀聯カードが使われています。

日本では、各種コンビニやヨドバシカメラなどの家電量販店、ユニクロ、無印良品などのお店で銀聯カードでの支払いを受け付けています。

ただ、NEO MONEY(ネオマネー)はプリペイドカードとなり、銀聯ブランドは海外利用専用となるため、ここではあまり関係ありませんね。

銀聯ブランドの方がほんの少しだけ手数料が安い

さて、NEO MONEY(ネオマネー)の銀聯カードについてですが、こちらの方がカード利用の際にかかる手数料がほんの少しだけ安くなっています。

国の通貨やタイミングによって一概には言えませんが、1通貨あたり、おおよそ0.1〜0.8円程度の差があります。

手数料の差額が、払い戻しの手数料(540円)よりも上回る場合は、銀聯カードを選択した方がお得になります。

お得度や使いやすさで考えると、やはり海外プリペイドではなく、クレジットカードに軍配が上がります。

ただ、あくまで海外プリペイドにこだわり、なおかつ手数料をギリギリまで安く抑えたいという方は、銀聯カードを選択すると良いでしょう。

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'