海外旅行でクレジットカードをスキミング等の不正利用から守る方法

海外旅行でクレジットカードを利用する際に気になるのが、セキュリティの問題ですよね。
カードの不正利用は、登録されているデータや個人情報をスキミングなどで盗み出すことによって行われます。
カードそのものは手元に残ったままのことが多いため、実際に被害に遭うまでカード情報が漏れていたことに気付かないというケースも少なくありません。

そこで今回は、海外でクレジットカードを利用する際に知っておきたい不正利用の手口と、その対策を紹介してみます。

クレジットカードの不正利用が発覚するパターン

クレジットカードの不正利用が判明するパターンには大きく分けて二つあります。
ひとつがカード会社から直接連絡がある場合。
もうひとつが、カード会員本人が利用明細などを確認して気付く場合です。

カード会社から不審点の連絡

クレジットカード会社のほとんどは、独自の不正検知システムを導入しています。
このシステムは不正利用のパターンを分析して、それに該当するような使用がないか24時間365日チェックをするというもの。
その結果不審な点が見つかれば、電話やメールなどで直接カード会員に利用状況の確認が行われます。

この時もし個人情報が流出している可能性があれば、カードの差し替えなどが行われます。
何かあった時にカード会社がすぐに連絡をとれるよう、電話番号やメールアドレスなどの会員情報はつねに最新のものにしておきましょう。

自分で明細を確認して不正利用に気付く

被害が発覚する方法として次に多いのが、明細書を確認してカード会員が自ら気付く場合です。

身に覚えのないカードの使用は、やはり利用者である本人が一番分かりますよね。
被害を拡大させないためにも、利用明細は毎回必ずチェックするようにしましょう。

明細を確認していて、身に覚えのないカードの引き落としがあった場合も、必ずしもそれが不正利用だと決まったわけではありません。
通常カードで決済した利用代金は、次の締切日までの利用分と合算され請求されます。
しかし締切日までに利用した分であっても、店舗側の事務手続きの都合によって、利用代金の請求が間に合わず翌月に遅れることも。

またカードの利用明細の「利用先」の項目に書かれている名前が、実際に利用した店舗名ではなく、その経営会社や系列店の名前であるケースも多くみられます。
心配な方は後で確認できるように、利用時に受け取るお客様控えなどを保管しておくといいですね。
カード会社によっては、引き落とし金額が確定したらすぐにウェブサイトでチェックできるところもあります。
郵送で送られてくる利用明細よりも早く確認ができるので、こちらもおすすめですよ。

クレジットカードでよくある不正利用の例

渡航先でクレジットカードを不正利用されたという被害は、ニュースなどでもよく報道されていますよね。
特に多い手口が、スキミングと決済時の二重請求、ハッキングです。
ひとつずつ見ていきましょう。

スキミング

スキミングとは、クレジットカードに記録されているデータを盗み取ることです。
そして、スキミングには「スキマー」と呼ばれる小型の読み取り機が使われます。

犯人はコピーしたデータをもとにしてクローンカードと呼ばれる偽造カードを作り、不正利用します。

近年特に被害が増加し大きな問題となっているため、スキミングについては次の章で詳しくご説明します。

二重請求や金額訂正されての決済

クレジットカードの利用時に、店員が金額を多めに請求したり、わざと同じ料金を二度請求する手口も、海外では少なくありません。
決済の際は店舗のスタッフにクレジットカードを預けっぱなしにせず、目の届くところで操作が行われているか、不審な点はないか、必ず目を光らせていましょう。
できるだけ信頼のおける専門店などを利用して、リスクを避けるというのもひとつの方法です。

フリーWi-Fi 経由のハッキング

もうひとつ気をつけたいのが、フリーWi-Fi経由のハッキングです。
フリーWi-Fiとは、自由に無線LANでインターネットに接続できるサービスのこと。
誰でも無料で利用でき、空港や駅、ホテルやカフェなどさまざまな場所で提供されているため、旅行者にとってはとても便利です。

しかし不特定多数の人が利用する分、セキュリティが甘いとトラブルに巻き込まれるリスクも高くなってしまいます。
例えばハッキングと呼ばれる不正アクセスによって、クレジットカード番号などが盗まれてしまうケースは、ここ数年で急増しています。

また正規のフリーWi-Fiを装った、偽物のアクセスポイントも存在します。
もし間違ってアクセスしてしまうと、個人情報を盗まれてしまうだけではなく、ウイルスに感染してしまうこともありえます。
安全性に疑問が残る時は、できるだけ利用を避ける方がいいでしょう。

クレジットカードのスキミングとは?

先ほども少し触れたように、近年クレジットカードがスキミングされる被害が急増しています。
代表的な例は、店舗のカード決済端末にスキマーを仕掛けておくという手口です。

またロッカーや金庫などに預けた財布からクレジットカードを抜き取ってスキミングをし、データだけをコピーした後、再びカードを元に戻しておくというケースも報告されています。

暗証番号式のロッカーや金庫に貴重品を預ける際は、クレジットカードの暗証番号とは違う番号に設定しておきましょう。

そうすることで、万が一ロッカーの番号が漏れてしまった場合も、不正利用のリスクを減らすことができます。

なかには加盟店のスタッフが、決済時に預かったクレジットカードをスキミングするといった悪質な事例もあります。

巧妙なスキミングの手口

スキミングの一番の問題点は、店側が悪意をもって行う場合だけでなく、犯罪グループがお店の店主の気付かない間にこっそり機械(スキマー)を設置している場合があることです。

代表的な例として、複数の犯人でお店に行き、1人が店主と話している間にもう1人がこっそりクレジットカード端末にスキマーを仕込むといった巧妙な手口です。

犯人はあらかじめお店で使用している端末を下調べしておき、その端末にピッタリ合うサイズのスキマーを用意して取り付けるため、お店側も長期間にわたってスキミングが行われていることに気付かないといった例も珍しくありません。

誰も知らないところで、こっそりとスキミングが行われていることが一番たちの悪いケースですね。。

海外旅行でクレジットカードを不正利用された場合の補償

もし海外旅行中にクレジットカードの不正利用の被害に遭ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。
実際にカードを悪用されてしまった時も、必要な手続きをすれば利用代金は補償されるので安心してくださいね。
ただしこれは利用者に過失や規約違反がないこと、という条件付きです。

例えば誰かにカードを貸していたことが原因で悪用されてしまった場合は、補償の対象外となってしまいます。
またカード会社にもよりますが、暗証番号が盗まれて不正利用されてしまった時も、原則として補償されません。
利用規約には必ず目を通し、くれぐれもカードは正しく利用しましょう。

またカードのタイプによっては、補償が適応される期間が決まっていることもあります。
この場合、カード会社への連絡が遅れてしまうと、補償の対象外となってしまいます。
盗難・紛失の場合や、不正利用かなと思ったら、できるだけ速やかにカード会社に連絡をしましょう。
海外からはコレクトコールなど、カード会社によって専門のダイヤルが設置されている場合もあります。
心配な方は旅行に出発する前に、メモなどに番号を控えておくといいですね。

クレジットカードのスキミング防止・対策方法

それでは実際に被害に遭わないためにできる対策方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

クレジットカードをICカードタイプにする

最近増えているのが、ICチップ搭載のクレジットカードです。
通称ICカードとも呼ばれますが、このタイプは従来の磁気カードよりも大量の情報を暗号化して登録させることができるため、安全性も高く、スキミングも困難になります。
また暗証番号を入力しないと使用できないため、番号の管理にさえ気を付ければ比較的安全です。
海外でもヨーロッパやアジアを中心に、徐々にICカードに切り替わりつつあります。

クレジットカードに盗難保証をつける

もともと日本で発行されているほとんどのクレジットカードには、自動付帯保険という盗難補償が付いています。
これは特別な申し込みをしなくても、始めからカードに付いているものです。
そのためご自分のカードにそのような補償があることを、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。
カードの種類によって内容は異なるので、あらかじめや補償範囲や条件などは必ず確認しておきましょう。

暗証番号を入力する際は手で覆い隠す

すでにご説明した通り、暗証番号の盗用による不正利用の場合は、補償の対象外となってしまうことも。
くれぐれも番号の管理には気を付けて、決済時に入力する際は盗み見られないように慎重に行いましょう。
また小型カメラを使って、入力時の手元を盗撮するという巧妙な手口もあります。
手で覆い隠すなどして、できるだけ防ぎましょう。

推測されにくい暗証番号にする

暗証番号そのものを、推測されにくいものにすることも効果的です。

誕生日や電話番号、ゾロ目や連続する数字などは推測されやすいため、カード会社によってはもともと設定できないようになっていることもあります。

また、他のカードとの暗証番号の使いまわしも避けてください。

海外旅行で安全にクレジットカードを利用するためには、まずその手口を知って、対策をしておくことが大切です。

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'