NEO MONEY(ネオマネー)を即日発行できる場所と必要書類

時計|即日発行

NEO MONEY(ネオマネー)は、特別な審査なしでカード発行できますが、即日発行することも可能です。

ただし、全国どこでもという訳ではなく、限られた店舗カウンターでの受付となります。

海外旅行の出発日が迫っているなど時間がない時でも安心ですが、焦って必要書類を忘れるなどのイージーミスをしないように注意しましょう。

ネオマネーの即日発行について

日本全国ではありませんが、一部の店舗でネオマネーを即日発行することも可能です。
パルコ」や「ららぽーと」が主な受け取り場所となります。

申し込みは受付カウンターの営業が終わる30分前までとなるため、余裕を持って向かいましょう。

なお、即日発行できるカードは『NEO MONEY VISA(海外・国内利用)』のみとなります。

銀聯カードなど、他のカードは発行ができません。

neomoney visa

ネオマネーのカード種類については、下記の記事にまとめていますので参考にしてください。

即日発行に必要な書類

ネオマネーの即日発行に必要な書類は下記の2種類です。

  1. 本人確認書類
  2. マイナンバー確認書類

免許証とマイナンバーカード(or 通知カード)の2点があれば早いですね。

ただし、ネオマネーの申込み者とそれぞれの確認書類の名前が一致しなければ、受け付けできない点に注意してください。

1.本人確認書類

  • 運転免許証または運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)
  • パスポート(日本国内で発行したものに限ります。)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 個人番号カード
  • 障害者手帳
上記の書類が用意できない場合

上記の本人確認書類が用意できない場合は、健康保険証に加え、下記の書類が必要になります。
なお、発行日から6ヶ月以内のものである必要があります。

  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍謄抄本
  • 住民票の写し
  • 国民年金手帳
  • 児童扶養手当証書
  • 特別児童扶養手当証書
  • 母子健康手帳
  • 社会保険料の領収証書
  • 国税・地方税の領収証書または納税証明書

2.マイナンバー確認書類

  • 通知カード
  • 個人番号カード
  • 個人番号入り住民票の写し

個人番号カード(マイナンバーカード)を取得していない人も多いと思いますが、1.の本人確認書類とあわせて通知カードなども忘れないように持参しましょう。

なお、ネオマネーの申し込み者とマイナンバー確認書類の氏名が異なる場合は、カード発行できないので、必ず自分のものを持って行く必要があります。

ネオマネーを即日発行できる場所

北海道

宮城

福島

長野

埼玉

千葉

栃木

東京

神奈川

愛知

静岡

大阪

兵庫

広島

山口

福岡

熊本

まとめ

以上、ネオマネーを即日発行できる場所と必要書類についての内容です。

焦って忘れ物や書類の不備がないか改めて確認しておきましょう。

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'