マネパカードの申し込みに必要な本人確認書類と利用開始できるまでの期間

マネパカード

マネパカードの申し込みには、「マイナンバーカード」+「パスポートなどの本人確認書類」の2種類が必要になります。

申し込みからカードが手元に届いて利用開始できるまでに、最低でも2週間ほどの時間がかかります。

また、カードが届いてから口座にお金を入金・チャージする必要もあるため、余裕をもって申し込みを行いましょう。

マネパカード申し込み時の注意点

マネパカードは、申し込み者本人しか利用することができません。

留学や修学旅行などで使うといった利用目的で、親などの代理人が申し込みする場合でも氏名や生年月日、現住所等の情報は、本人の内容を記載する必要があります。

申し込み人に関する情報と、提出書類の内容が一致していなければカードを発行することができないので注意してください。

マネパカードの申し込みに必要な本人確認書類について

マネパカードの申し込みには、下記の2種類の本人確認書類が必要になります。

  1. マイナンバーカード(通知カードでも可)
  2. 本人確認書類

マネパカード申し込み本人確認書類

マイナンバーカード(通知カードではなく個人番号カード)を持っている場合は、カードの表面が「本人確認書類」となるため、マイナンバーカードのみで申し込みができます。

※マイナンバーカードに記載されている住所と現住所が違う場合は、住民票など現住所を確認できる書類が別途必要となります。

 

マイナンバーカードを持っておらず通知カードしかない場合は、有効なパスポートがあれば問題はありません。

パスポートの背表紙裏に現住所の記載が必要です。

マネパカードは、基本的に海外で利用するために申し込む方がほとんどだと思いますので、パスポートはすでに手元にあるかと思います。

ちなみに、マネパカードにチャージして余った外貨は、日本円に両替して国内で利用することもできます。

もし、申請している途中などパスポートの用意ができない場合は、下記いずれかの本人確認書類1点が必要になります。

本人確認書類の種類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明書

マイナンバーカードが無い場合

マイナンバーカード(もしくは通知カード)が無いという場合は、区役所に行って問い合わせてください。

少し面倒ではありますが、マイナンバーカードの提出には「国外送金調書法」という法律の改正が関係しています。

マイナンバーカードに記載されている住所と現住所が違う場合

本人確認書類に「マイナンバーカード(個人番号カード)」もしくは「個人番号付の住民票」を提出する場合のみ、以下の内容を確認してください。

引っ越しをしたなど、マイナンバーカードに記載されている住所と現住所が違う場合、住民票などの現住所を証明できる書類が必要になりますので注意してください。

マイナンバーカードに記載されている住所と現住所が違う場合

その他、申し込みに関する本人確認書類の詳細は下記のページに記載されています。

本人確認書類の送付方法

マネパカードの本人確認書類の送付方法は以下の4種類があります。

  1. マネパカードのウェブサイト申し込み画面上から、必要書類をカメラで撮影した画像をアップロードする。
    パソコン/スマートフォンどちらも対応しています。
    スマートフォンから申し込みの場合は、端末のカメラで撮影したものを直接アップロードできるので便利ですね。
  2. Eメールから必要書類をカメラで撮影した画像を添付送信する。
    (※申し込み完了後、登録したメールアドレス宛に書類送付先のメールアドレスが連絡される。)
  3. FAXから必要書類を送信する。
    (※申し込み完了後、登録したメールアドレス宛に書類送付先のFAX番号が連絡される。)
  4. 郵送で必要書類を送る。
    (※申し込み完了後、必要書類のコピーを入れる返信用封筒が送付される。)

上記の4つの方法から選ぶことができますが、1.の申し込み時に画像をアップロード送信する方法が最も手軽ですし、カード発行までの時間も一番早くなります。

Eメール・FAX・郵送の場合は、送り先を間違えると個人情報の流出につながりますので注意してください。

マネパカードは申込みからどれくらいの期間で利用できる?

マネパカードは、申し込みから利用できるまでに約2週間ほどの期間がかかります。

申し込み内容と提出書類に食い違いがある、不備があるなどの場合や、祝日と重なる時期などはさらに時間がかかるため、できるだけ余裕をもって早めに申し込んでおきましょう。

申し込み完了後に届くもの

申し込みが完了すると登録住所あてに「マネパカード」と「口座開設通知書」が郵送されてきます。

「口座開設通知書」には、会員専用サイトにログインするための口座番号初期パスワードが書かれています。

その情報をもとに会員専用サイトにログインしてお金チャージすればすぐに利用を開始できます。

登録住所以外の場所に郵送してもらったり、カード発行期間を短縮することはできませんので注意してください。

マネパカードの使い方については下記のページで解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

以上、マネパカードの申し込みに必要な本人確認書類と利用開始できるまでの期間についての解説でした。

 

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'