ディズニーファンの聖地!カリフォルニアのディズニーランドを完全攻略!

まるでおとぎの国に迷い込んだかの様な不思議な気持ちにさせてくれる、夢の国ディズニーランド。

ファンタジックな世界に魅了されて、年に何度も東京ディズニーリゾートに足を運ぶ大ファンの方も多いと思います。

そんなディズニーファンにとって、カリフォルニアにあるディズニーランドは一生に一度は訪れたい場所です。

世界にあるディズニーリゾートの中でも最も古いカリフォルニアのディズニーランドは、ウォルト・ディズニーが唯一自身の手で作り上げたパークなのです。

ウォルトはパーク内の『メインストリートUSA』にある消防署の2階に寝泊まりしていて、ここからゲスト達を眺めていたそう。
今でも部屋の様子は当時のまま保管されています。

そんな魅力あふれる本場のディズニーランドについてご紹介していきますが、ボリュームがかなり大きくなったため、いくつかのセクションに分けて掲載しています。

「ぜんぶ読むのは面倒」という方は、手っ取り早くお好みのページをご覧ください◎

それでは、はじめにカリフォルニアのディズニーランドについての基礎知識からご紹介していきます。

さまざまな情報を身に着けて、ディズニーファンの聖地、カリフォルニア・アナハイムのディズニーランドを徹底攻略しましょう!

と、詳しい説明に入る前に、アメリカにはもうひとつフロリダ州にディズニーランド(『ディズニーワールド』)があります。

どちらに行くか迷っている方は下記の記事もあわせてご覧ください。

カリフォルニア・ディズニーランド・パークとは

アメリカ合衆国・カリフォルニア州にあるディズニーランド・パークは、1955年開園と、世界中のディズニーリゾートの中でも一番最初にオープンしたテーマパークです。

ロサンゼルス近郊の『アナハイム』という街にあり、世界各地のディズニーリゾートの中で最もたくさんのゲストが訪れているパークで、世界中のディズニーリゾートの中心的な存在です。

東京ディズニーランドとは異なる、8つのテーマランド!

カリフォルニアのディズニーランドは8つのテーマランドからなっています。

  1. メインストリートUSA
  2. トゥモローランド
  3. ファンタジーランド
  4. ミッキーのトゥーンタウン
  5. フロンティアランド
  6. クリッター・カントリー
  7. ニューオーリンズ・スクエア
  8. アドベンチャーランド

ちなみに東京にディズニーランドには7つのテーマランドがあります。
メインストリートUSAは東京ディズニーランドで言うワールドバザール、フロンティアランドはウエスタンランドに当たります。
ニューオリオンズ・スクエアは東京ディズニーランドにはありません。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークが併設

2001年にディズニーランドの駐車場エリアにオープンした、カリフォルニア州をイメージしたテーマパークです。カリフォルニアにいることを実感できる、ディズニーやピクサーをテーマにしたアトラクションの数々があります。

特に人気のアトラクションは、カーズの世界を実感できる『ラジエーター・スプリングス・レーサー』です。
カリフォルニアの大自然の中をオープンカーに乗り、時速65キロで駆け抜けると、アドレナリンが大放出!

花火やショーといったエンターテイメントも充実しています。
世界最大級のウォーター・スクリーンにディズニーアニメの名場面が映し出されるナイト・スペクタクルショー『ワールド・オブ・カラー』は必見です!

ロマンチックなだけでなく、レーザー光線や火などを駆使したショーは感動的で一生の思い出になります。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークはディズニーランドとは違い、園内でアルコールを飲むことができます。
アトラクションもちょっと大人向けのものもあるのでカップルも楽しめますね。

ダウンタウンディズニーが併設

パークチケットが要らないので無料で入ることができる施設です。
東京ディズニーランドのイクスピアリの様なショッピングモールですが、イクスピアリに比べてよりディズニー色が強いので、ディズニーファンは絶対に寄るべきスポットです。

『ビルド・ユア・オウン・チャーム・ブレスレット』で好きなディズニーキャラクターやアルファベットでオリジナルのアクセサリーを作ることができます。

アメリカで有名な『ビルドベア』ではオリジナルのクマのぬいぐるみをカスタマイズすることもできます。
香りや洋服、サウンドなど自分の好みのクマを作りましょう。
ディズニーとのコラボ商品もあります。

レゴ好きな方は『ザ・レゴストア』に行きましょう。
大きな店内にはディズニーキャラクターのレゴがたくさん!
しかもアウトレットなのでお得にレゴ商品を手に入れることができます。

その他にも充実のディズニーグッズが並びます。

ショッピング以外にも映画館やレストラン、バーなども充実していて、ここだけで一日楽しめます。

ちなみに2018年の冬には新たに、ボウリングやライブエンターテイメントが楽しめる施設がオープンする予定です。

次のページでは、日本のディズニーランドとフロリダのディズニーワールドとの違いをそれぞれご紹介しています。

popular人気の記事

Booking.com

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'