アメリカ・ハワイ旅行でチップの相場はいくらくらい?

チップ

日本ではチップの習慣がないため、アメリカやハワイに旅行へ行った際に、「チップはどれくらい払うんだろう」「いつ渡すんだろう」と不安になりますよね。

アメリカ人にとってチップは単なるボーナスではなく、大切な生活費の収入源です。

サービスを提供してくれた相手に失礼がないように、チップの支払いや相場を知っておきましょう。

アメリカ・ハワイでのチップの相場

アメリカ・ハワイ旅行でのチップの相場は下記のとおりです。

レストランやルームサービスなどの食事や、タクシーに乗った時にチップを支払うことが多いと思いますが、いずれも合計金額の15〜20%が相場と考えておきましょう。

相手金額相場渡すタイミング
ウェイター
ウェイトレス
合計金額の15〜20%食事後の会計時
タクシー合計金額の15〜20%
※最低$1
目的地について降りる時
※荷物が多い場合は少し多めに
ベッドメイクベッド1つあたり
$1〜2
ベッド脇のライトテーブルか、枕の上に置いておく
ポーター荷物1個あたり
$2〜3
荷物を運び終えた後
ドアマン$1タクシーを止めてくれた時
ルームサービス合計金額の15〜20%食事等を運んでくれた後
※タオルなど個別の用件の場合は$1〜2
バーテンダー1杯につき$1飲み物を受け取った時
無料シャトル$1〜3降車時
現地ツアーガイドツアー代金の15〜20%ツアー終了後

何かとチップを支払うタイミングが多いですが、慣れてくればどうってことはありません。

スムーズに支払いができるように、チップ用の少額紙幣(1・5・10ドル紙幣)を別に用意しておくと便利です。

なお、レストランでの食事の支払いの場合など、クレジットカードでチップ分まで支払うこともできます。

クレジットカードを使ったチップの支払い方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

とても便利でスムーズですので、覚えておいて損はありませんよ。

アメリカではチップは生活の大切な柱

日本ではチップの習慣がなく、「月給いくら時給いくら」と金額が決まっていますが、アメリカの場合は少し状況が違います。

例えば、レストランのウェイター(ウェイトレス)の場合、日給・時給がかなり低めに設定されていて、お客さんからのチップが生活の支えとなっています。

お店からお客さんに請求するのではなく、テーブルへ料理を運んだり要望を聞いたりするなど、ウェイターのサービスに対して報酬を払うという考え方ですね。

レザボア・ドッグスでチップを支払うシーン

Reservoir Dogs Tipping

↑タランティーノ監督の映画『レザボア・ドッグス』のレストランでの食事シーン。

「チップはウェイトレスの生活の大切な柱だから、1ドルずつ払え」と皆からチップを集めるグループの代表者。

※実際は、1テーブルへのサービスに対してチップを払うので、人数分を渡す必要はありません。

レストランでは1人のウェイターがテーブルを担当する

日本の飲食店では特定の誰かではなく、近くにいる店員さんに声をかけますが、アメリカ・ハワイでは自分のテーブル専属のウェイター(ウェイトレス)がつきます。

注文を取りに来たり、お水やコーヒーを注いだり、料理を運んだりお皿を下げたりといった行為を1人で担当します。

サポート役の店員さんがつくこともありますが、基本的には1テーブル・ウェイター1人制となります。

自分の担当以外のウェイターに何かしらの要望を伝えると、困惑されたり怪訝な顔をされますので、自分のウェイターをしっかり覚えて直接注文するようにしましょう。

担当してくれたからには、定期的にチラチラこちらのテーブルを気にしてくれるので、何かあれば手を挙げるとすぐにやって来てくれます。

チップはそうした「気配りに対するお礼」になるということですね。

ちなみに、マクドナルドなどのファーストフード店ではチップは必要ありません。

チップが最初から含まれていることもある

お店によっては、最初からチップに相応するサービス料として、10〜20%ほど金額を上乗せしていることもあります。

この場合はチップ分も同額を払うと、二重支払いすることになりトータルでかなり高額になりますので、少額にする・支払わないなど必要に応じて調整しても問題はありません。

チップは英語で「tip」と書きますが、「gratuity」とレシートに書かれていることもあります。

(最初からチップを含めている場合は、「service charge」と書かれていることが多いです。)

ただ、「gratuity」とは、直訳で「心付け・気持ち」を意味しますので、気持ちのよいサービスを提供してくれたウェイター/ウェイトレスには、少額でもチップを渡したいところですね。

チップの簡単な計算方法

レストランやタクシーのチップの相場は「15〜20%」ですが、簡単な計算方法を書いておきます。

例えば、支払い金額が25ドルの場合は、10で割って2倍にした金額が20%になりますので、チップのマックス金額は5ドルになります。

$25 ÷ 10 = 2.5 × 2 =$5

気持ちのよいサービスを受けたと感じたら、5ドル渡せば良いですし、まぁまぁ以下であれば4ドル程度渡しておけば問題ありません。

まとめ

日本では「おもてなし」精神がある種当たり前となっているため、あまり感じることが少ないかもしれませんが、アメリカでは「お客さんに心地よく過ごしてもらう」ためにサービスし、そのサービスへのお礼としてのチップを払うという考え方です。

こちらに尽くしてくれた相手に対して、感謝の気持ちを添えてチップを払うのが気持ちの良いやり取りですね。

反対に、大してサービスもしていない相手や、露骨にチップを求めてくる人には最低限のチップだけで問題はありません。

あまり難しく考え過ぎず、気持ちのよいサービスをしてくれた相手に対して、ほんのお礼をするものと考えておきましょう。

  • 年会費無料でカード管理に費用がかからない
  • カードを旅行に持って行くだけで手厚い海外旅行保険が自動的に付く
  • 初回利用から30日間の海外国際キャッシングの金利が無料

popular人気の記事

キャンペーン中のクレジットカード

エポスカード

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'