4G回線が無制限!台湾旅行におすすめの海外ポケットWiFi|台湾データ

台湾データ wifi

台湾の観光には、海外ポケットWiFi『台湾データ』がおすすめです。

1日定額590円で利用できる上に、回線は高速4G LTEで容量はなんと無制限で使うことができます。

ネット接続、アプリの利用、動画をどれだけ見ても料金が一定なのは台湾データだけです。

対象国・地域台湾
通信規格4G LTE
料金/日590円
通信量/日無制限
同時接続10台まで
申込み締切前日17:00まで
※土日祝は16:00まで
受け取り・宅配
・空港(成田/羽田/セントレア/関空)
宅配受取り日出発日の1〜2日前
※宅配送料無料
割引特典1ヶ月前からの申込みで10%オフ

台湾データの料金

1日あたり590円

割引特典:1ヶ月前予約で10%オフ

台湾データは、1ヶ月以上前に申し込み予約すると、利用料金が10%オフになるキャンペーンを開催しています。

台湾は10月〜1月が乾季となり旅行シーズンのピークを迎えます。

この時期はWi-Fiルーターの在庫も少なくなるため、早めの予約がおすすめです。

通信容量は無制限

台湾データは、台湾の『中華電信』という会社の通信回線を使用しているWi-Fiです。

『中華電信』とは、日本でいうdocomoのような位置づけの台湾の最大手である通信会社ですので、台湾のほぼ全地域で高速ネット通信が可能です。

台湾データの最大のメリットは、定額で4G LTE高速回線を無制限で利用できることです。

使いすぎを心配する必要がないので、心ゆくまで観光にネットをフル活用できます。

5台まで同時接続が可能

台湾データは5台までスマートフォンやタブレット、パソコンなどを接続できるので、複数の機器を持っていく場合や、友達と回線をシェアして使うこともできます。

ただし、同時接続するとWi-Fiルーターのバッテリーの消費が多くなりますので、充電には気を付けましょう。

予備バッテリーを別途用意しておくのも1つの方法です。

台湾データの申し込み期限

宅配で受け取る場合

自宅などに宅配でWi-Fiルーターを受け取る場合は、下記が申し込み期限となります。

宅配受け取り出発日前日の17時まで
(土日祝は16時まで)

ただし、受け取る場所が沖縄の場合、手数料として別途10,000円も必要になるので、沖縄にお住まいの場合は、別のレンタルWi-Fiを利用するようにしましょう。

空港で受け取る場合

Wi-Fiルーターの受け取りができる空港は下記の4箇所です。

申し込み期限だけでなく、当日の受け取りカウンターの営業時間もあわせて確認しておきましょう。

出発当日に空港で申し込みすることはできませんので注意してください。
受取空港営業時間申込み締切
成田空港6:30~20:30
(全日)
前日17:00まで
(土・日・祝日は16:00まで)
羽田空港6:00~22:00
(全日)
前々日17:00まで
(土・日・祝日は16:00まで)
セントレア空港9:00~17:00
(平日)
3日前の14:00まで
※月曜日9:00〜12:00までの受取は、前週木曜日の14:00が最終の申込み
関西国際空港9:00~17:00
(全日)
3日前の14:00まで

※羽田空港で受け取る場合は、手数料が別途500円かかります。
※羽田空港で22:00〜6:00の間に受け取る場合は、さらに深夜手数料が別途200円かかります。

台湾データの受け取りと返却

受け取り

宅配受け取りの場合

出発日の1〜2日前に郵送でWi-Fiルーターが届きます。

宅配にかかる送料は無料です。

端末を早く届けてもらうことはできません。

空港受け取りの場合

下記のいずれかの空港で端末を受け取ることができます。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • セントレア空港
  • 関西国際空港

返却

帰国したら翌日に返却する必要があります。

レンタルセットに返送用の封筒が入っていますので、それをポストに投函するだけです。
(送料は無料です)

帰国翌日の消印までが有効となり、それ以降は延滞料金の対象となるので注意しましょう。

台湾データの評判と口コミ

台湾全域に特化した台湾データは、台湾の通信会社の回線を使用しているので、安定した高速ネット回線を利用することができます。

公式サイト に掲載されている台湾データの評判と口コミを一部抜粋してみます。

初めての台北旅行で全てフリー行動だったのでWiFiルーターおかげで迷うことなく楽しい旅ができました。料金も他社に比べてお手頃でとても満足しています。また台湾旅行をする際は是非利用させて頂きます。ありがとうございました。(20代 女性)

 

高雄、台南、台中、台北と移動しましたが全くストレスなく使用できました。助かりました。(20代 女性)

 

手続きの簡単さ、予約の早さなど素晴らしいです。これまではiPhoneで1日3千円弱かかっていたのが4日で2,760円と格安になり助かりました。電波も良く入ります。台北、台中、高雄の観光地などでも概ね使えていたと思うので大変良かったです。バッテリーがさらに長持ちすればさらに良いと思います。(40代 男性)

 

海外旅行の時はFree WiFi(ホテル)しかスマホを使用していなかったけれど、今回「台湾データ」を使用して色々な場所でLINEやタブレットを使えたのがとても便利でした。ありがとうございました。(50代 女性)

 

今回で2回目の利用です。前回も大変よかったのでリピートです。宅配利用でき、接続も簡単でインターネットで現在地もすぐわかるので助かりました。また台湾に行く時は必ず利用します。(40代 男性)

台湾データ より抜粋

台北・台中・台南それぞれで、通信速度や接続状況も問題無いようですね。

何より、データ無制限で使い放題という点が大きなメリットです。

その他の口コミや評判については、公式サイトにたくさん書かれていますのでチェックしてみてください。

台湾データのセット内容

基本セット

  • Wi-Fiルーター本体
  • 充電器
  • 充電用コード
  • 日本語設定マニュアル
  • 返送用封筒

充電器は台湾国内で使用できるコンセントが入っていますので、特に変圧器等を用意しなくても充電できます。

設定はわずか5ステップで完了しますが、日本語で書かれた設定・操作マニュアルも同封されています。

オプション

予備バッテリー

レンタル料金100円/1日
バッテリー稼働約5時間

補償保険

万が一の紛失や破損に備えて、保険に入ることも可能です。

安心補償200円/1日

保険未加入で紛失・破損してしまうと、下記の支払いが必要になるので申し込みの場合はあわせて検討しましょう。

本体の紛失・破損40,000円
予備バッテリーの紛失・破損3,000円
アダプター・USBコードの紛失・破損1,000円

台湾データの支払い方法

台湾データの支払い方法は「クレジットカードのみ」となります。

  • visa
  • マスターカード
  • jcb
  • アメックス
  • ダイナースカード

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルともなった九份(きゅうふん)など、台湾の観光にマップアプリをフル活用して周辺散策したり、撮った写真をSNSにアップしたりと、データ通信に事欠かない台湾データは、旅行を何倍にも楽しくしてくれる重要な助っ人になってくれますね!

popular人気の記事

当サイトに掲載している文章・画像等、すべてのコンテンツの無断使用・転載を一切禁止します。© 2018 KAIGAI TRIPPIN'